クラウドストレージ同期せずマウントするCloudMounter

最近はDropboxのようなクラウドストレージを利用せずには、もう仕事ができない状態になっている。自分の場合はプレゼンテーションをGoogle Drive上で編集及び管理しているので、Google Driveも必須と言える。

こうしたクラウドストレージは便利だが、何も設定しないとクラウドストレージ上のデータをローカルのディスクにもコピーして同期してしまう。つまりDropboxの容量が1TBあって、そのほとんどを使用すると、ローカルディスク上でも1TBの容量が消費されてしまう。

クラウドストレージに起動ディスク上のファイルをアーカイブとして退避させて起動ディスク上の空き容量を増やしたい場合は、そのデータはクラウドストレージ上だけに保持し、ローカルディスクには同期しないように設定しなければならない。

その場合、今度はそのファイルが必要な時に、ウェブブラウザ上でクラウドストレージにログインして該当ファイルをダウンロードすることになるのだが、それが面倒だ。

クラウドストレージをローカルディスクのようにマウントできないものかと思っているなら、まさにその目的で開発された
CloudMounterというユーティリティがある。DropboxやGoogle Driveだけでなく、Microsoft OneDriveやFTP、WebDAVなど多様なクラウドストレージに対応している。

多分、現在では同種のソフトウェアも他にあるだろうが、CloudMounterが出た当初は他に競合製品はなかったと思う。

とはいえ、当初のCloudMounterは接続が不安定で、数分おきに切断されて実用的ではなかった。CloudMounterでマウントしたクラウドストレージ上のファイルを直接編集していて、途中で切断されて編集のやり直しを余儀なくされたことも何度となくある。それでもマウントできる利便性はあって、我慢しながら使ったものだ。

現在のバージョン3.xでは改良が進み、大きなファイルをコピーしたり移動させていると切断されることがあるが、普通に使っていれば数日マウントし続けても切断されなくなった。

CloudMounterが実用的になったことで、最近ではDSDファイルやWAVファイルのような大きなオーディオファイルはDropboxにアーカイブしておいて、必要に応じてローカルメディアにコピーしている。

自分の場合、ハイレゾ音源はハイレゾ対応プレイヤでしか聴かないので、CloudMounterを使ってマウントしたDropboxからプレイヤ用のmicroSDに直接コピーすることでローカルディスクにハイレゾファイルを保管する必要がなくなった。

注意しなければならないのは、あたかもローカルディスクのようにマウントしているとはいえ、それはあくまでインターネット上のストレージであり、データの閲覧はもちろん、ファイルのコピーや移動はネットワークを介して行われるということだ。つまり通常の何倍も時間がかかる。場合によっては、変更や操作が反映するまでしばらく待たされることになる。

そこが我慢できさえすれば、CloudMounterは非常に有意義に使えるユーティリティといえる。

AKG Q460をiPhone 7+とBluetooth接続

iPhoneにイヤフォンジャックがあった頃は、出張ではいつもAKG Q460というヘッドフォンを使って音楽を聴いていた。


しかしiPhoneがイヤフォンジャックを廃止してからは、出番がなくなってしまった。気に入っていたヘッドフォンなので、しばらくは変換ケーブルなんかを使っていたが、もともとAKG Q460のケーブルが貧弱でiPhoneをズボンやジャケットのポケットに入れた状態でカバンをかけたり降ろしたりしている内に断線しそうだったことと、変換ケーブルを使っている間はiPhoneを充電できないのでやめてしまったのだ。

そんなわけで、ここでも書いたがBluetoothのイヤフォンを使うようになったわけだが、やはり安いイヤフォンでは音質的に満足できない。まぁワイアレスのイヤフォンが音質は諦めても良いくらいに便利であることはわかったのだが、イヤフォン本体を充電する方式の場合は連続再生時間が数時間なので、移動に4時間以上かかる出張に2個持って行って途中で取り替えていたのだ。当初はそれでも良かったが、だんだんと面倒になってきた。

そこでBluetoothで、音が少しでもよく、何より連続再生時間が5時間以上あるイヤフォンを探していてSONYの
MDR-EX31BNという製品に出会った:

この製品は、本体がスイスアーミーナイフのような形状とサイズで、バッテリも本体に入っている。そのためバッテリがイヤフォン自体に入っている製品よりも大きくて長持ちする。


その本体にイヤフォンの短めなケーブルを接続して使うのだが、このイヤフォンはイヤフォンジャックにさえ刺されば実はなんでも良いのだ。ちなみに本体には、あまりしっかりしたものではないがクリップがついていて、胸ポケットとか、シャツの襟などに止められるようになっているから、ケーブルありとはいえBluetoothの恩恵が半減してしまうこともない。

というわけで、昨年の11月頃に
MDR-EX31BNを買ってAKG Q460を接続し、東京出張に持って行ったが、行き帰りの約9時間弱、充電せずに家まで帰ることができた。

個人的には、SONYの製品は音作りが好みに合わず、この製品も純正のイヤフォンで使ってみたときは、あまりにドンシャリだし、低音にパンチがないしで、やっぱりSONYだなぁと思ったが、AKG Q460の音作りとは相性が良いようで好みの音で鳴っている。

iPhoneにイヤフォンジャックがなくなってお気に入りのイヤフォンやヘッドフォンが使えず悲しんでいる方がいたら
MDR-EX31BNを試しても良いと思う。なお、この製品は2013年発売らしく、すでに仕様的には古くなっていると思うので、本体にイヤフォンを指して使うBluetooth対応のもっと新しい製品をネット上で探してみるのも良いだろう。

なお、
MDR-EX31BNにはノイズの98%をカットすると謳われるノイズキャンセリング機能があるが、自分が出張中に高速バスや東京の街中で試した限りでは全然効いていないか、ほとんど効果はないようだ。多分、もっと別の特定の環境でのみ効果が出る感じなのだろう。

そして、これは自分が間が抜けていただけなのだが、しばらく使っていたらPOWERボタンを押しても電源がオンにならなくなって焦った。原因はなんのことはなく、充電用のUSBケーブルを本体に挿したままだとPOWERボタンを押しても電源がオンにならないのだ。つまり充電状態で同時に使用することはできない。USBから充電する多くの機器がUSBケーブルから給電しつつ使えるので、てっきりこの製品も同様に使えると思い込んでいたわけだが間違いだった。SONYのサポートにまで連絡してしまって、しばらく話してからUSBケーブルを抜けば電源がオンになることに気づいた。恥ずかしい限りであった。

Aria Pepe PS-53とZoom A3

ライブで弾き語りするためのメインのギターをAria Pepe PS-53に決めたわけだが、やはり音が貧弱だ。


Zoom A3を通して

すでに廃盤になっていると思われるVOX AGA70というアンプの真空管チャンネル側を使って音を出しているのだが、音に厚みがない。


家にはYamahaのサイレントギターSLG200Nの前身であるSLG130NW、野上三郎氏製作のクラシックギター(詳細は不明)があるが、そのどちらもPS-53よりも深く澄んだ音がする。


PS-53はボディサイズが小さいし、価格だってSLG130NWや野上氏のギターの方が全然高いので、仕方ない部分はあるが、先日クロサワ楽器の渋谷店でホセラミレスの定価が16万円くらいのスケールが63cmの小ぶりなギターを試奏したところ、これが音色も良いし、とにかくよく鳴る。で、家に帰ってPS-53を弾くと、以前はそれほど気にならなかったのに、どうしてもクラシックギターの音が出ていると思えなくなった。

深みがない玩具のような音に思えて、どうしても耐えられなくなってきた。しかしスケールが53cmという点は譲れないので、何とかならないものかと思案し、ToneWoodAmpを買って試そうかとも思ったが、ToneWoodAmpはギターのバックを共鳴板に使うとは言え、あくまでギターから出た音にエフェクトをかけて振動させるので音色が変わるわけではないだろうと思いとどまった。


数日悩んだ末に、ボディサイズに起因するのであればボディサイズの大きなギターをモデリングしたら良いのではないかと思いついた。普段、Zoom A3では全体のバランスと音のキレが良いMartinの00-18を指定しているのだが、これをもっと本体サイズの大きなGIbson Advanced Jumboにしたところ、これがバッチリで、PS-53からかなり綺麗な深みのあるクラシックギターっぽい音色が出るようになった。もちろん、A3のAdvanced Jumboを通り、VOX AGA70の真空管チャンネルを通り、その間にもそれぞれエフェクトやイコライザがかかっているわけだから、すでにナチュラルなクラシックギターの音ではないが、自分が思う深みがあり、立ち上がりが早く切れがあり、自然なサスティーンのある音色にかなり近い音が実現した。

何となくPS-53から心が離れ、他の選択肢を探そうかなと思い始めていたが、今はもうPS-53に不満がない。まさにZoom A3様様という感じだ。

Aria Pepe PS-53を改造

ショートスケールのギターを探し続けた結果、メインのギターはスケールが53cmというスペイン製の子供用クラシックギター、Aria Pepe PS-53に落ち着いた。53cmだとスケールが短すぎて弾きにくいことがあるが、以前は届かなかったフレットまで指が届くので、指が届く方を優先して53cmで良しとしたものだ。



このギターに、以前Baby Taylorに仕込んだのと同じ
乙女の二股というマイクを仕込んで使っている。

しかしPS-53は子供の練習用という位置付けのギターだから仕方ないのだが、音量が小さいし、各弦のバランスも悪いし、サスティーンも十分になく、音に張りがなく、音の立ち上がりもどんよりしていて少しおもちゃっぽいのだ。これらの多くはZoom A3を使うことで解決しているが、音の立ち上がりとサスティーンだけは思った感じにならない。



そこでナットとサドルを牛骨か人口象牙に変更しようと考えて交換用部品を探した結果、ナットは
GRAPHTECH PQ-6250-00がぴったりであることが分かった。


なお、このナットはPS-53に元々付いていたナットよりも高さが若干高いが、1弦と6弦が少し下がっている。そのため、中央の高さを合わせるために底を削って交換すると1弦と6弦の弦高が下がるので注意が必要だ。

問題はサドルだ。まず幅も厚みもそのまま使えるぴったりのものがないということに加え、自分のPS-53が全ての弦でオクターブピッチがシャープする問題をサドルの交換で同時に解決したいという思惑があるのだ。特に3弦が強くシャープするので、サドルの造作で何とかならないかと考えた次第だ。

クラシックギターの場合、オクターブピッチが全てぴったり合うことは珍しいらしいが、それでも少しでも改善したい。考えたのは、厚みが最大の交換用サドルを採用し、弦が載る部分の山をブリッジ側にずらしてしまう方法だ。こういう方法が正しいのかわからないが、理論上はこれでオクターブピッチが改善するだろう。不安な点があるとすれば、サドルがブリッジに収まっている部分は従来と変わらないため、サドルにかかる負荷でサドルが折れてしまう可能性があることだ。文章で説明してもわかりづらいので写真を載せると、こういう感じだ。
unknown

これはGraphtechPQ-9025-00 TUSQ 1/4” SADDLE SLAB サドルという製品を買い、幅をブリッジに合わせて短くし、ブリッジの溝にきっちり収まるように下半分を削って足に当たる部分を作り、上は本来のサドルの位置よりもブリッジ側に弦が載る山を作るように削っていったものだ。


これでスケールが少し伸びるので、シャープしていたオクターブピッチが改善するわけだ。で、実際のところ、これで3弦以外のオクターブピッチは改善した。3弦については、まだ若干シャープしているが許容範囲に近づいたので、これで良しとした。

これ以上の改造となると、もうブリッジを剥がして位置をずらして貼り直すしかないと思う。あとは、この改造サドルが弦の張力などによる負荷で足の部分から折れてしまわないことを祈るばかりだ。

なおTUSQの効果については以前も書いたと思うので詳細は割愛するが、音の立ち上がりは抜群に良くなり、自然なサスティーンも得られるようになった。個人的には、PS-53レベルのギターよりひとクラス上のギターの音になったと思っている。

53cmというスケールが自分に一番合っているとは思いつつも、PS-53の音の貧弱さとオクターブピッチのズレから、最低でもスケールが58cmあるギターに変えようかなと悩んでいたが、今回の改造でもう文句は無くなった。弾き語りで使うギターは、PS-53だけで良いだろう。もちろん音や演奏性が完璧ということではないが、十分に納得できるレベルまできたと思う。

こうなるとPS-53用のハードケースが欲しくなってきたが、本体の新品売価が4万円強に対し、ハードケースが1万円というのは高いと感じてしまって二の足を踏んでいる。

iPod第四世代のバッテリ交換

今はiPadを目覚まし時計の代わりに使っているのだが、以前はiPod第四世代のアラーム機能を使って指定した時間に音楽が鳴らせられるLogitechのLDS-iALARMを目覚まし時計として使っていた。

すでにお役御免となって長いが、単にモノラルスピーカとしても使えるので、事務所で気軽に音楽を聴くために使えないかなと思い立って久しぶりに鳴らしてみると、意外と音が良い。パソコンやiPhoneでも音楽は聴けるけれど、iTunesを起動したりミュージックアプリを起動したり、スピーカをつないだりヘッドフォンをつけたりは面倒だ。しかしiPodと
LDS-iALARMの組み合わせなら再生ボタンを押すだけなので簡単だ。

iPodの20GBのハードディスクにはAACで256Kbpsの品質なら2,500曲前後は入ると思うので、これは使えそうだ。

ところが実際に鳴らしていると、突然iPodの電源が落ちてしまう。
LDS-iALARMは装着されたiPodを充電し続けるので本来はありえないのだが、使っている内にバッテリが切れてしまう感じなのだ。そこで何もせずに充電状態で一晩放置してみたがバッテリが満杯にならない。どうやら、すでにバッテリが使い物にならないようだ。

ずっと存在も忘れて使っていなかったのだから
LDS-iALARMiPodも小型家電として処分しても良いのだが、ちょっと勿体無い気がする。そこで自分で交換できるバッテリは売っていないのかなと思って探したら、ちゃんとありました:


バッテリを交換して充電してみると、ちゃんとバッテリは満杯になる。そこで久しぶりにiPodをMacに接続してiTunesからライブラリを転送してみたが何の問題もないようだ。

なお、この製品にはiPodを開くためのプラスチックの棒が2本付いているが、使い物にならない。iPodをこじ開けて開くためには、まず刃の部分が薄いマイナスドライバが必要だ。そしてバッテリケーブルが基盤の下を通るので基盤を外す必要があるが、T5のトルクスドライバが必要だ。交換用バッテリの説明書(英語)にはスクリュードライバで基盤のネジを外せると書いてあるので、製品によっては精密ドライバがあれば要をなすのかも知れない。

こうしてiPod第四世代は復活し、
LDS-iALARMから元気一杯に音楽を鳴らしてくれている。