Lightning HDMI 変換 ケーブル

以前にここで、出張プレゼンテーションの際にはASUS S1にChromecastをつなぎ、Google Driveに保存したファイルをAndroidスマフォからプロジェクタにキャストするという話を書いた。


その際、現場でWiFiが使えない場合は、iPhoneのテザリングで自前のWiFi環境を作り、そこにChromecastとAndroidスマフォの両方を接続してキャストする方法について書いた。

現場に携帯電話の電波が来ていなかったりブロックされていてGoogle Driveに接続できないときは、S1にパソコンを直結させてローカルのファイルを使ってプレゼンすることになると書いた。

でも、よく考えてみればiPhoneなりAndroidなりにファイルを保管しておけば、パソコンを使わなくても良いわけだ。

そこで、まずiPhoneからS1に直結して画面をミラーリングできるか試すために、Lightning HDMI変換ケーブルを買ってみた。


この手のケーブルはUSBポートから給電しつつ使うのが一般的だが、S1にはうまい具合にUSBポートがあるので問題ない。

なお同種のケーブルの評価を調べると、動画が表示できなかった、あるいはiPhone側の時計やバッテリ残量表示が変になるという報告が多くあるが、まず有料動画配信サービスの動画はプロテクトがかかっているので音声しか出力されないのが普通だ。そしてテレビに出力する場合、解像度が一致、あるいは対応していないと表示されないのも普通だ。最後に時計やバッテリ残量の表示は異常になるのが仕様なのだ。この辺りは購入前に注意しておいた方が良い。

ケーブルをiPhone 7+のLightningポートに接続し、S1のHDMIポートに接続し、S1のUSBポートに接続してしばらく何もしないで待っていると、iPhoneの画面が見事にミラーリングされた。アスペクト比の問題なども特にないようだ。iPhone側の操作にも全く問題はないようだ。

あとは、Google Drive上のファイルをGoogleスライドアプリで開いて「オフラインで使用可」を有効にすれば良い。

実際のプレゼンテーションの際にはミラーリングのために画面全体が出力されてしまうので、iPhoneの画面でノートなどは見られないが、自分の場合は普段からあまりノートを使わないからそれも問題にはならない。

なお、S1に直結するならAndroidスマフォを直結しても良いわけだが、ローカルストレージにほとんど空きがないのでストレージに余裕があるiPhoneにしたものだ。ストレージに余裕があり、対応ケーブルさえ手配できればAndroidスマフォでも特に問題はないだろう。

Bluetoothイヤホンを買い足す

前回書いたBluetoothイヤホンだが、また1,580円で販売されていたので、今度は色違いの白を買ってみた。

すでに現行製品ではないと思うので、どういうタイミングで発売になるのかわからないが、楽天のラクーポンというサービスに不定期に出てくるようだ:
https://racoupon.rakuten.co.jp/deal/152196

この製品はBluetooth 3対応製品なので、省電力のBluetooth 4よりも音楽の再生時間が短い。仕様では3時間となっているが、多くのイヤホンのバッテリが故障を防ぎ、寿命を伸ばすために100%充電にならないようになっている。この製品も同様の多くの製品同様に80%以上に充電されることはない。つまり連続再生は最長でも2時間強なのだ。

さらに言えば、私の場合は出張の移動中に装着し続けることが主な目的だが、移動は4時間を超えることがある。すると、この製品では着けっぱなしとはいかないのだ。途中で仕事をしたりするので、4時間ずっと着けっぱなしにする必要はないが2時間強では心もとない。

そこで二個を携帯し、バッテリが切れたら交換することを想定した。こうして順番に充電することで、2時間だろうが4時間だろうが、時間を気にせずに常に使えるようになるのも嬉しい。この辺は非常に小さく軽い製品だからこそ可能になる考え方だろう。

二個買ったということは合計で3,000円以上になるわけで、だったらBluetooth 4のイヤホンを一個買えば良いじゃないかとも言えるが、イヤホンはケーブルの断線などで使えなくなることがあるので二個あったほうが安心なのだ。

この製品は、値段から考えると音も良いし、操作性も悪くないので、しばらく困ることもないだろう。これでゆっくりと余裕を持ってBluetoothヘッドホンを選ぶことができそうだ。

そう言えば、100円ショップでSより小さい9mmのイヤパッドを買ってきて装着して見たら、収まりも良く、圧迫感もなく、これが自分の耳に一番合うようだ。

Bluetoothイヤホンを買う

以前、ここでAKG Q460というヘッドホンについて書いたことがあるが、コンパクトでありながら音と軽さのバランスが良いヘッドホンで非常に気に入っており、出張の際は常時装着してきた。


ところがiPhone 7+ではイヤホンジャックが廃止されたためヘッドフォンが使いにくくなった。iPhone 7+にはLightningコネクタをイヤホンジャックに変換するケーブルがついて来るが、これが非常に脆弱で案の定半年と経たずに断線してしまった。また、iPhone 7+にはLightningコネクタが1個しかないため、ヘッドホンを接続している間は充電ができない。

そんなわけで、これを機会にBluetooth方式の無線イヤフォンを買うことにした。ヘッドホンでなくイヤホンなのは、単純にヘッドホンはまだ値段が高いが、イヤホンは根気よく探せば安い製品が見つかるからだ。

本命はAppleのAirPodsだが、所詮はイヤホンであり、音については多くを期待できない。


であるならば、とことん安い製品を選ぼうということで探したところ、
デジタルランドのDL-726という製品が1,600円くらいで投げ売りされていた。仕様的には、Bluetooth 3.0とさらに省電力な4.0でないし、ノイズキャンセリングもないので、世代的に古い製品なのだろう。すでに製品ページもないようだ。

しばらく使っているが、音飛びもないし、ノイズもほとんどない。音はデフォルトでは高音がキンキンするが、iPhone側のミュージックでイコライザをSmall Speakerにしてやると丁度良いようだ。

Bluetooth 3.0のため連続再生時間が3時間以下のところが気になるが、基本的にBluetooth対応で軽くコンパクトなヘッドホンと出会うまでのつなぎのつもりなので良しとしよう。

なお、最初からついてきたイヤーパッドが一般に言うMサイズなのだが、自分の耳の穴が小さいのかうまく合わず、すぐに抜けてしまった。そこで100円ショップでSサイズのパッドを買ってきて取り替えてみたところ、非常に具合が良い。

Bluetooth方式のイヤフォンを探している人で、私のようにつなぎの製品を探している場合には安い製品の中でがっかりさせられなさそうなのを選んでも良いだろうが、しばらく使い続けるのであれば素直に省電力で連続使用時間が長いBluetooth 4.0とノイズキャンセリング機能付きの製品にすることをお勧めする。

自分で名刺印刷

名刺を使ったプロモーションのアイデアを実物を使ってデモするために、久しぶりに自分で名刺を印刷した。

名刺の裏にプロモーション用の情報が印刷されているというのは珍しくないが、今回は一枚ずつ異なるシリアル番号が印刷されている。その1枚の名刺をもらった人だけが、そのシリアル番号を使ってネットから限定コンテンツをダウンロードできるのだ。

こういうアイデアって以前からありそうだが、格安名刺ではシリアル番号の印刷には対応してくれず、カスタムで注文するとべらぼうに高くなってしまうので、誰もやっていないようだ(やってるかも知れないが、自分の周りでは見たことも聞いたこともない)。

今回はアイデアをデモするだけなので、必要な名刺の枚数は100枚だ。そこで、家のインクジェットプリンタを使って名刺を印刷することにした。

デモとは言え、ペラペラの紙では貧相なので、近所のヤマダ電機へ赴き、入手できる名刺用紙で両面対応して0.28mmと一番厚みがあるELECOMのMT-HMN3WNを買ってきた。12枚入りで1枚の用紙から10枚の名刺が作れるので、合計で120枚の名刺が印刷できる。約650円くらいだったと思う。

なお、0.28mmの厚みだと事務所のプリンタ、EPSON PM-780cでは工夫しないと用紙が正常に引き込まれないので、次は0.22を買ったほうが無難かも知れない。

今回はすぐに印刷しなければならなかったのでヤマダ電機へ行ったが、急いでいなければAmazonで25枚(名刺250枚分)入りを買った方が安上がりだろう。


その昔には、自分で名刺を作るのが面白くて随分と印刷したが、その方法などを全て忘れてしまっていた。また以前はFileMaker Proで印刷プログラムを作っていたが、もう遥か昔の話でデータも残っていない。

今回のアイデアでは、各名刺固有のシリアル番号からこれまた固有のQRコードを生成して同時に差し込み印刷しなければならないので、そんな名刺印刷用プログラムがないかなと思って探したら、A-Oneのラベル屋さん9を見つけた。

このプログラムでは、あらかじめExcelでシリアル番号とQRコードの元になる文字列をリストしたデータを作っておいて、それをcsvに書き出して読み込んで名刺上のテキストオブジェクトとQRコードオブジェクトに関連付けするだけで、各名刺に固有のシリアル番号とQRコードを自動で差し込み印刷できるのだ。

本来は、こうした一連の流れを自動化しなければならないのでプログラム開発が必要なるが、今回はデモするだけなのでこれで十分だ。

用紙として「A4(最大)」を指定しなければならないとか、厚手の用紙なので引き込まれる部分の端に爪で少し傷を入れないと正常に引き込まれないとか、以前にも苦労したことを全て忘れていた。そんな試行錯誤もあったため、2枚の用紙で印刷に失敗して無駄にしてしまった。用紙が12枚入りだったから、結果として100枚の名刺が印刷できたが、危ないところであった。

乙女の二股

以前も書いたように、現在メインで使っているアコースティックギターは完全にBaby Taylor BT2になっている。


ちなみに以前使っていたOvation Pinnacleは、弦アースが取れない状態でもありメンテも兼ねて長野県松本市の
Vellmor Guitarsに修理に出した。自分で治すつもりで断念したブリッジも貼り直されて、4月には戻ってくるだろう。

で、すでに20年は人前で演奏していないのだが、Baby Taylorを弾くとあまりの気持ち良さにまたライブやりたいなぁと思い、リハビリのために弾き語りのコンテストにでも参加しようかと考えるようになった。

その時使うギターはBaby Taylorだと思うが、現時点ではマイクがARTECのA1-OSJという安い外付けタイプだ。


このマイク自体は非常に優れた製品で、実売が2,000円前後とは思えない高いコストパフォーマンスを誇っている。

ただし、このマイクの弱点は貼り付けたトップ上の位置で出てくる音が全く異なるという点だ。だったら、一番良い音がする場所に貼っておけば良いじゃんと思われるかも知れないが、それがそんなに単純ではない。

というのも、自分はほとんどが爪引く奏法なので、それで自分が思う一番良い音がする場所に貼っておくと、コードストロークで弦の音が濁ってしまうのだ。そして、その逆も同じ。

実際のところ、宅録でコードストロークを録音する場合は、マイクを立ててA1-OSJの音とミックスしているのだ。

さらに、自分ではやらないがトップを叩く奏法の場合は、また全然違う場所に貼り付けたくなるだろうが、そこが弦の音を一番よく拾う場所と違うことは容易に想像できる。

つまり、奏法によって貼る場所を変えなければならないが、そんなことはライブでできるはずがないのだ。

また、トップに貼ったマイクから出ているケーブルがだらんとしてしまうのも、ちょっと格好悪いかなというのもある。

そこでギター本体内部に複数のマイクを仕込もうと考えた。そんな製品があるのかわからなかったが、探してみればあるもので、123music.jpの
オリジナルピックアップキットなるものを見つけた。この製品の中でダブルというのがマイクが2つある製品だ。

実は、この製品の以前の名称は乙女の二股というのだ。で、乙女の二股の頃にもネット上で調べたことがあるが、当時の
乙女工房というサイトの名称と乙女の二股という製品の名称から、なんとなく胡散臭いと思って手を出さずにいたものだ。

この製品は、2個のパッシブのピエゾマイクをトップの裏側に貼り付け、エンドピンジャック経由で外へ出すものだ。プリアンプはないので電池は要らない。またマイクとケーブルはすでにエンドピンジャックにつながった状態なので、エンドピンの部分に13mmの穴さえ開けられれば、自分で半田付けしたりする必要がない。

同じ構成になるように同様の部品を買って来て自分で半田付けすることもできるが、多分その方が高くつくと思う。

これこそ自分が探していた製品だというわけで、早速発注し、Baby Taylorのエンドピン部分に穴を開けて装着してみた。

結論から言えば、本当に素晴らしい結果が得られて大満足だ。

しかし、注意も必要だ。

まず穴を開ける際、穴の縁は面取りした方が良いということだ。面取りしなくても装着できるが、自分で作業した感じでは、面取りしていないとエンドピンにかかる負荷や当てたり落としたりした衝撃で穴の縁が欠けたり割れる可能性が高いと思う。

次にマイクを装着する位置が問題だ。ギター内部に貼り付けるので、弦を張って鳴らして、気に入らなければ弦を外してマイクを貼り直してと繰り返すことになるため、マイクの貼り付け位置を気軽に試行錯誤できない。そこで、エンドピンにVOX amPlug2 AC30を挿してイヤフォンで音を聞きながら、二つのマイクをトップ上面に密着させた状態で弦を鳴らし、どこが一番良い結果が得られるかを事前に入念に調べてみた。


基本的にはブリッジからエンドピン寄りで高音側と低音側に付けるのが一般的だと思うが、数センチずれただけで音が変わってしまうので慎重に作業し、ここだという場所に付箋なりを張ってマークしておく。その後、マイクをトップ裏面に貼り付ける際、マークを参考に正確に貼り付けるわけだ。実際には、一度貼り直したのだが、このやり方は非常にうまくいった。

そして最後に、ギター本体内でケーブルが遊んでいるため、激しくストロークしたりすると、ケーブルが移動してトップやバックに当たる雑音が出ることがある。これはケーブルをセロテープでバックに止める以外の対策は考えつかなかった。

余談だが、このマイクは思ったよりも品質が高く、非常に良い音が出る。とは言え、ピエゾピックアップであることに変わりはないので、アコースティックな音を出すにはデジタルモデリングが必須だろう。自分の場合は、いつも使っているZoom A3でD-18を選んだ時に、一番好みの音になるようだ。


こうしてBaby Taylorのアコギ化が完了したので、コンテスト参加を真剣に検討しようかな。